Cassette Blog 003

07

November

Mon 2011

Title: Musik for… に参加しました。

release

今更ですが、念のため。

SOLとして、アンビエント・コンピレーション「Musik for…」に参加しました。

しかし、このコンピ、既に完売&再発の予定なしという代物ですので紹介する意味もないと言えばないのです。おかげさまで、発売日当日、M3で全て売り切れてしまったようです。

このコンピはデザインにも凝りに凝っており、一つも同じデザインのディスクがないという、完全家内制手工業で作成されたとのことです。他人事のように書いてますが、かくいう自分もまだ現物は拝めていないのですね。編纂者jackmaster YOSHIKI氏のブログに詳しいです。

買えないCDの話なのですが、一応クロスフェーダーで聴けることは聴けるので、少しずつながら是非聴いてみてください。きっとCD欲しくなると思います。こちらの素晴らしい特設サイトで聴けますよ。

 

最初依頼が来た時は正直意外でした。一応、nepkaの曲や、Sakooの曲でアンビエント的なものもリリースしておりますが、SOLは完全にダンス志向のユニットとしてやっていたので、何故かしらと。今何故かしらと考えていたのですが、ひょっとしたら自分から頼み込んだのかもしれません。TB OR NOT TB BE INVOKEDの話をもらって、アンビエントのコンビも作るような話を聞いて、参加させて!と。案外、jackmaster YOSHIKIさんを困らせたのかもしれませんね。

で、アンビエントって何か?

この議論を始めると、恐ろしく長くなるでしょし、結局「人それぞれ」という結論に落ち着くと思うのでやめて、自分が思うのは、「和む曲」ですね。なので、自分のiPodのAmbientというプレイリストには、Aphex Twin、Bertoia、Bloc Party、Calm、The Chemical Brothers、Fishmans、My Bloody Valentine、Rei Harakami、Serph、Spacemen3、映画のサントラなど無頓着も良い所といった具合に様々な曲が入っております。

ちなみに、アンビエントの最高峰は、サワサキヨシヒロ!のApolloから出てたこの曲です。一番良い所が切れてますが。

 

Meditation YS – Slumber

 

で、作成するにあたり考えたのは当然和める曲。さきのプレイリストにも入っていた、とあるドラマのOPをこっそりとサンプリングして使う事にしました。結構バレバレなので迷惑かからないようにしないとですね。

そこに、リズムマシーンで組み立てたリズムに、当然リバーブをかけて、なんとなく浮かんだので、遊佐未森の曲からブレイクビーツを拝借してちょっと組み替えてリズムに乗せました。(そう言えば、遊佐未森もアンビエント的ですね)

あとは件のサンプルに合わせて、ホワーンと白玉を乗せていって完成に近づきました。この白玉の音を出す為に、友人に貸していたシンセサイザーをはるばる代々木公園まで返してもらいにいったのも今や思い出です。

そして、ここからが大変だったのですが、アンビエントと言えば、The Orbでしょう。そして、彼らの曲には、様々な台詞がふんだんに使われています。それを自分たちもやりたかった。そこで、そのとあるドラマのDVDを借りてきて、観ながら使えそうな台詞をバンバンサンプリングしていきました。丁度カードも更新の時期で、一枚無料で借りれたので、無料でDVDも借りれました。

しかし、これが時間かかった!観たのは2話分だけでしたが、5時間くらいかかった覚えがあります。なんか吐き気をもよおしながらサンプリングしていた記憶があります。

結局DVD返し忘れて、延滞金を1000円くらい払いましたが、良いトラックも出来たし、そのCDも完売!嬉しいですね。

繰り返しますが、再販の予定もないということなので、どこかに動画つけていつか公開したいなとは思ってますので、今度YOSHIKIさんに相談してみます。

 


LINEで送る

  Home